FC2ブログ

お互い運が悪い

昨日の夜中にある事件があった、「ドンッ!」とやや鈍い音と軽い車のブレーキ音に犬の悲鳴・・・。
どうやら野良犬が僕の家の前で事故に遭ったらしい、すごい悲鳴だったので気になりパジャマのまま懐中電灯を持って出てみると暗闇に犬が居た。
上半身は立ててこちらを見ているがかなり大きい、ラブラドールより一回り小さい位か。
治療と言うか助けてやるにしろ怪我の程度を見るにしろ触らないといけないが噛まれたら行けないので帰宅して厚手の服に着替えてまた出る、ちょっと後ろから周り込もうと裏道を通ったら犬を轢いた軽が止まっていてドライバーが一生懸命バンパーを見ている。
ちょっと目が合ったらバツが悪そうな顔をしてそそくさと立ち去った、まあバイパスを横切った犬を深夜の比較的飛ばす時間帯に轢いてしまったのは不運としか言いようが無いから責めも出来ない。
うちの親父も事あるごとに「犬やタヌキが飛び出た時避けれなかったら迷わず轢け。」と言われていたし正論だと思う、以前隣の市で犬を避けて河原に落ちて2人が死亡する事故もあった。

ともあれ犬が居た場所に行くがもう居ない、血が路面に付いているが動脈をやった様な出血でもないし積極的に関わりたくもないからすぐ帰った。
見えないトコに行ってくれればそれがいい、ところが朝になり二階から下を見ると隣の会社の駐車場にいる。
右の後ろ足をかなり酷く怪我していて血塗れだ、車の下に隠れて動かない。
妻が水とドックフードを持って行ったが水は飲んだが餌は食べていない様だ、うちの犬達の主治医に連絡すると連れて来れれば診てくれると言うが大きいし怪我もしていて連れて行き様がない。
隣の会社の奥さんが助かれば会社で飼うと言ってくれたので治療費を負担してでも助けようと思っていろいろ考えた、動物園にも相談したし考えた末に車を動かして貰い毛布かバスタオルを被せて抱き上げると言う方法を取る事にした。
どちらにせよ炎天下では出来ないし妻と2人では無理だから息子のサッカーが終わってからにしようと考えた、サッカーが終わると妻から電話。
「隣の社長が市役所に連絡して保健所が来る。」と非難している、まぁ現実的な対応だなと思い帰宅。
すぐ隣に行き皆で様子を見ていると奥さんが「旦那に飼えないと言われ大ゲンカした、もう仕方ない。」と泣きそうな顔で謝って来た。

獣医含む3人の作業員が来て大きな網や歯の無いハサミみたいな首を絞める道具を駆使して犬を引きずり出す、もうただ見ておく事しか出来ない。
息子にも「よく見ろ可哀想だろ、犬を捨てたり無責任な人間のせいなんだ。」と言い聞かせた、妻は落ち込んで隣の社長や役所の職員に「どうしてこんな酷い事が出来るのですか?」と非難するが制止する。
獣医が言うには怪我は足だけの様だ、水曜日までに引き取り手がいなければ殺処分ですと言い残して帰った。
治療ももちろんしないらしい、「俺、飼います。」と喉から出そうになる言葉を必死に飲み込んで我慢した。
現実的に怪我をして年齢も分からないしかもメスの大型犬をどう飼えるのかと言う答えが出ない、外でなら飼えるがどう世話をし最後まで面倒を見るのか。
怪我はどの程度なのかも分からない、妻にも「お前が責任持ってうちで飼いますとはっきり言えるのなら俺は飼う、言えないだろう?」と問いかけ妻も口ごもる。

犬を乗せたトラックを皆で見送りすべての人間が悲しい気持ちで一杯だった、嫌だったろうけど現実的な選択をした社長そしてきっと僕も。
助けてやりたくて仕方なかった妻と社長の奥さん、どうにかならないのかと呟く社員達。
いっそ死体が転がっていたのなら処理するだけで良かったのにこんな風だと悲しいと何人かが言った、そして僕も社長もうちの前で事故に遭い会社に逃げ込んだ故に僕らと犬の間に縁が出来てしまった事を運が悪かったと嘆いた。

僕も事故が余所で音も聞いて無ければ関わらなかったろうし犬が逃げ込んだ事で社長も辛い決断を迫られ冷たい人だと奥さんから非難を浴びたんだろう、うちも同じだった。

轢かれて怪我をしてまで捕まり処分される不運な犬と助けられないのに関わってしまった僕達はお互いに不運だったとしか言い様がない、そして水曜日を僕らはきっと憂鬱な悲しい気持ちで迎える事になるんだと思う。

フットサルから帰り迎えに出たうちの犬をしばらく抱きしめて撫で回して「お前は幸せだなぁ、幸せだよねぇ~。」と気を紛らす様に問い掛けた。
飼ったペットは本当に幸せにして欲しいと思う、それは僕も同じだろう。
生き物好きはきっと子供の頃から普通の人以上に生き物を殺してると言えば語弊があるが死なせてると思う、僕で言えば過去の様々なカメ達だ。
そんな僕だから今回は本当に助けてやりたかった、すごく残念だ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://shirokametaeshin.blog48.fc2.com/tb.php/271-05ea194a

まとめtyaiました【お互い運が悪い】

昨日の夜中にある事件があった、「ドンッ!」とやや鈍い音と軽い車のブレーキ音に犬の悲鳴・・・。どうやら野良犬が僕の家の前で事故に遭ったらしい、すごい悲鳴だったので気になりパジャマのまま懐中電灯を持って出てみると暗闇に犬が居た。上半身は立ててこちらを見てい?...

プロフィール

タルテ

Author:タルテ
地中海リクガメとサッカー、そして山口をこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

タルタカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード