FC2ブログ

寿命が足らない。(笑)

今日は小松菜、今日もがっついております。


早くエサ降ろせやと文字通り首を長くして待っている太神君が可愛い過ぎます。(笑)


最近運動量と食欲が止まらない、これがメタハラ効果だとしたら凄いですね。

昼休みには畑に行きました。


シロバナタンポポの葉をちまちまと摘んでいきます、花も採集。


可愛らしいヒメオドリコソウ、色が好きです。

さてタイトルですがあるツィートからマルギナータリクガメの寿命について考える様になりました、飼育下20-30年なんて話も聞いた事がありますがとりあえずこういう事はマウリツィオに聞いてみるに限ります。

私は今飼ってる亀達を失いたくないですが諦めるライン、飼育者として成功したと言えるラインはどこなのか?

以下、訳文です。


「こんにちは、マウリツィオ。」

「前から聞きたくて忘れてた、マルギナータリクガメは何年位生きるのだろう?」

「彼等はアルダブラゾウガメの様に長寿かい?」

マウリツィオ
「結論から言えばイタリアには100年超えの個体がいるよ。」

「僕のファームには1985年前後から飼育している個体がいる、彼らは30-40歳だけれども今でも繁殖し孵化仔が取れるよ。」

「70歳の個体もいる。」


「凄いな、長生きだ。」

「飼育者として彼等を何年飼育出来れば私は成功したと言えるかな?」

「私は可愛がってるマルギナータリクガメ達を亡くしたくないよ。」

マウリツィオ
「うーん、ははは。 君の愛亀太神のお婆ちゃんは70歳だよ。」

「もし君が彼等を幸せに健康に飼育するならば君が先に死ぬね。(笑)」

「息子が飼育するしかないな。(笑)」


「•••」

「そうか、やはり長生きなんだな。」

「長く生きて欲しいからある意味良かったよ。」

マウリツィオ
「自然界なら少なくともだいたい30年から40年は生きるよ。」

「ベビーは捕食者に食べられるけどアダルトのマルギナータリクガメには天敵は居ないよ、人間位さ。」

「皆が皆じゃないが70年以上生きる個体はかなりの数いるよ。」


「ありがとう、私は100歳まで生きる努力をしてみるよ。(笑)」

大体こんなやりとりをしていました。
あちらには多くの標本や資料、ネットワークがある為返事が早く正確です。

結局、寿命は人間と同じ位あるって事ですね。

今拾って飼ってる犬や猫は15-20年後に寿命を迎え私は60代か、ペットロスに耐えられるかな...。
太神達はその心配は無いのか、幸せに飼えばね。
むしろ私の死後の心配がある訳だ。(笑)
息子かぁ~、どうだろうな。
可能性ありそうだがあいつトカゲ派の匂いがするしスキンク好きだし。

まぁ、今出来るのはカメの幸せを願って飼育し自分の健康にも気を付けるしか無いね。
太神との年の差が39歳あるからな、100歳まで生きりゃ太神は61歳か...。
まだまーだ足らん、しかしカメとの年の差を考える夜が私の人生に訪れるとは思わなかったな。(笑)








スポンサーサイト



プロフィール

タルテ

Author:タルテ
地中海リクガメとサッカー、そして山口をこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

タルタカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード