FC2ブログ

大晦日-平家ヶ岳登山

昨夜は年内の仕事が終わった事でリラックスし早く寝ないといけないのにTwenty-fourシーズン4を見てしまい今日は睡眠時間1時間半…。
5時半に犬を連れて家を出る、ネットで見ると昨夜まで六日市インターは冬用タイヤ規制が掛かって無かったが今朝はもう掛かっている。

仕方なく山陽道で岩国まで行き錦川を北上して山口県最高峰の寂地山を目指す、ピュアライン錦を過ぎて須川に右折するまで雪は道路には無く左手に城将山を見ながら車を進めると雙津峡温泉付近からは段々雪が増えて先行きが怪しくなって来る。

まだ轍もあるしと進み須川家族旅行村を過ぎるまで行くがもうこの辺りになるとすごい吹雪でUターン出来ないから進んでる状態で諦めて広い所でUターンして寂地山を諦める。

目的地を大将陣、城将山と変えながら移動するがやはり登山口まで車で行けそうにないのでこの一帯は諦めて錦町の平家ヶ岳に行ってみる。

↑馬糞ヶ岳

この辺りまで来ると雪も無く晴れている、参考にしている登山記では平家ヶ岳は所要1時間半程度と書いてありかなりの所まで車で入れる。
林業会社の建物からしばらく進むと雪、行ける所までと車で行くが段々ヤバくなってきたので広い場所に車を止めて歩いて登山口を目指す。

積雪は10cm位でフカフカの雪だ、ウンザリするほど歩いてやっと平家屋敷跡がある登山口に着く。
山頂まで1.5kmの標識、道は林道と変わらず車が通れる広さの道を歩く。
しばらくすると開けた場所に着き山頂まで500mの標識、やっと本格的に山道になったと喜んでいると目の前に広がる笹の竹藪…。
「まぁた、藪漕ぎかぁ!」とウンザリしたがとにかく進む、雪が深いが杖と笹を掴んで上がる。
第2ピークにやっと着いたら少し下ってまた藪漕ぎの急登、ここでも愛犬が活躍してうまく道案内をしてくれかなり辛かったが何とか山頂に到達。


山頂には平家ヶ岳と言う文字は無く看板も無かったが登山記録ノートや山岳クラブの残した木札からこの三角点が山頂と言うのが分かった。
展望は先程通った第2 ピークとその先に山並みが見えるが吹雪が凄くて見えたり見えなかったり、でもこの景色が好きだ。
山頂付近は積雪が笹薮の上にあるので膝まで雪に埋まる事もあり大変だ、登山記録ノートに日付と名前を書いて犬と記念撮影して降りる。
あれほど手間暇掛かった登りに比べて下山の早い事、あっという間に林道まで降りて後は小走りに平家屋敷跡がある登山口まで下りた。
しかしそこから更に1km以上雪道を車まで歩く、むしろこちらの方が歩行距離は長いかも知れない。

車に着いたら即着替える予定だったが寒過ぎてそのまま林業会社の近くまで下りて雪の無い所で着替えて帰宅。
今年最後の登山できちんと登頂出来たので良かった、明日は朝から家族で初日の出登山だ。
スポンサーサイト

プロフィール

タルテ

Author:タルテ
地中海リクガメとサッカー、そして山口をこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

タルタカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード