FC2ブログ

大津島と回天

今日もお休み、とりあえず昼前に起きてどうしようかと思案。
僕は登山を希望していたが疲れているので嫌だと言われ妻の案で大津島に渡る事になった、僕はまだ一度も行った事が無いが暖かいし興味はあった。

高校3年の時に生徒会にいたので行事で大津島にキャンプに行く事になっていて当時仲も良くて好きで夢中だった子も参加するので楽しみにしていたのだけど剣道部の顧問が学校ではかなりお偉いさんで「お前、進学希望してないだろ? 夏の大会団体戦他の3年と出ろ、生徒会には言っとく。」といきなり部活復帰を申し渡されて行けなかった記憶がある。
結局何かの理由で大会参加はキャンセルになり必死に生徒会の先生に喰らい付いたが枠が空かず先生を恨んだ記憶がある(笑)
そこに行くのにまさか20年掛かるとは思いもしなかった。(笑)

まずフェリー乗り場に行き家族のチケットと息子の自転車の料金を払う、島なら車も少ないし存分に乗せてやれるだろうと考えて面倒だけど持って行く事にした。
全部で往復4000円位掛かる、けっこうな出費だ。
観光の拠点は馬島だが僕は1つ前の刈尾と言う海水浴場がある所で降りて歩いて馬島まで行く事にした、船を降りると穏やかな顔をしたいかにも漁村のお婆ちゃんと言う感じのお年寄りが何人か石垣に腰掛けていて和む。
天気も良いし何か時間がゆっくりとしている様だ、刈尾海水浴場は沖縄みたいに綺麗でそこを抜けて海岸線をずっと歩くけど本当に綺麗。
高校の頃にこの景色に触れていたら何を感じていたんだろうと懐かしくなってしまった、高校時代は部活の仲間とよく海に行ったなぁ。
oz.jpg
船から徳山の街を望む。

oz1.jpg
徳山港を左に見ながら進みます。

oz2.jpg
刈尾海水浴場

かなり歩いてようやく回天記念館の入り口の坂に辿り着く、登って行くと休憩場がありお婆さんと90歳の元回天隊員だったと言うお爺さんがいて特に妻が捕まっていろいろな昔の話を聞かされた。
当時の人に話が聞けると言うのはとても有益で有り難い、もっと話をしていたかったが回天記念館がどれほど掛かるか分からないので別れる。
oz3.jpg
oz4.jpg

少し登れば回天記念館で知覧の神風特攻隊の平和記念館と比べれば小規模だけどやはり凛とした空気が漂う、中に入ると妻は英語のパンフレットを貰いじっくりと見て周る。
息子にも丁寧に説明して最後はビデオを見て外に出た、慰霊碑で祈り記念館を後にする。
そこから少し歩くと回天を運ぶトンネルがありそこを抜けると回天の基地がある、ここで訓練をしていたのだと言うが今は建物が残っているだけだ。
oz6.jpg
oz5.jpg
息子は自転車に乗りまくれてとても楽しかったらしい、僕も何か懐かしいと言うか心が洗われる気分になった。
また夏に来たいと思ったし高校の夏に来ときかったと少し寂しくも思った。
スポンサーサイト

プロフィール

タルテ

Author:タルテ
地中海リクガメとサッカー、そして山口をこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

タルタカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード