FC2ブログ

敗北・徹夜・九州レプタイルフェスタ

今日はハードな一日だった、と同時に昔は割と平気だったのに歳を取ったなぁと感じた。
さて敗北とはチャンピオンズリーグ決勝の事で朴智星が好きでずっと何年もマンチェスターUの試合をスカパーで見てたらルーニーとかオシェイとか引退したファン・デル・サールとかいろんな選手に愛着が湧いてすっかりマンチェスターUのファンになってるんだけど昨夜は何とか朴智星に優勝カップを掲げて貰いたかったけど完敗とも言うべき内容で何も出来ずに敗れた感じだ。
普段のプレミアリーグでは見られない様なあたふたぶりが驚いた、それだけバルセロナが凄いのだろうけどもっとやりようは無かったのかなと思った。
前にマンチェスターUが優勝した時は準決勝で活躍したのに決勝にはメンバーに入れずその次の挑戦ではバルセロナに敗れ三度目に掴んだ昨夜のチャンスも格上バルセロナにやられた。
決して天才的な何かが有るわけじゃなく努力と誠実さが売りの朴智星の決勝への挑戦を何年も見てきたから昨日は勝って欲しかった。
どうなるかは分からないけど彼の事だからまたもう一度位はチャンスが巡って来るかも知れない、今回は残念だけどまた頑張って欲しい。

それで呆然としてマンチェスターUの二位受賞の様子を見てテレビを切った、何故か沸々とバルセロナとメッシに対する敵意を感じながら(笑)
実は1998年頃にスペイン語の研修で約2ヶ月スペインにいたのだけどマドリードではとても親切にして貰ったんだがバルセロナではスリにあったりけっこう嫌な目にあったりして昔からレアルとバルサならレアルって感じだったのだけど今回ので決定的になったかな?(笑)

でそのままボケーっとしてたら嫁も息子も起きてきて用意して駅に向かう。
新幹線に乗り一路博多へ、テンションは徹夜と敗北感で物凄く低い。
あっと言う間に博多に付くが九州レプタイルフェスタ会場まで1時間半はあるしで阪急百貨店をぶらぶらして時間を潰し開場して少ししてから九州レプタイルフェスタのある博多交通センターに向かった。

入口こそ列はなかったけど入ると人が多い、嫁と息子は取りあえず入ってすぐあったハープタイルラバーズでカメやヘビを見ていた。
嫁はフクロモモンガがツボにハマったようで飼いたい飼いたいと言っていた、息子はマルギナータリクガメとパンケーキリクガメを欲しがったが現実的に生体を買う予定がないのに衝動買いは良くないしお金もないのでダメと宥める。

やはり息子はカメ派それもリクガメ派なのかヘビやトカゲ、ミズガメにはほぼ興味を示さずリクガメかカエルに興味を示していた。
雨の蒸し暑さと人が多いのか会場が狭いのか窮屈で足早に見て欲しかったパネルヒーターとランプを特売価格で購入すると会場を後にした。

今回は2度目なんだけど何年か前に初めて行った時はもっと賑やかで生体がたくさんいた様な印象があるし今日ほど窮屈には感じずけっこう落ち着いてブースを見れた様な気がする。
特にあの時は九州ショップの出展もけっこうあったりイッテンバリJPさんのイベラギリシャやヘルマンベビーなんかも来てたりぺポニも来てたりで面白かった様な気がしたし休憩室も含めてもっと広々していた様な気もした。

まあしっかり寝て行ってお金もあって買える状態でならもっとやる気も違ったんだけどアルビノの個人輸入で今月はただでさえ火の車だし眠くて眠くて仕方ないのもあってそこまで楽しめなかった。

嫁は九州レプタイルフェスタも楽しんでその後は東急ハンズで思う存分楽しんだ様で上機嫌で帰宅した。
帰りの新幹線で少し寝れたので夕刻からの仕事は思いの外辛くなかったし気になってアルビノ達はひっくり返りもなかったので安心した。

アルビノ関しては今日もひっくり返し防止ケージは使わずにちょっと早めに餌を入れ配合飼料も混ぜて食欲を確認し満腹にしてから家を出た。
やはりひっくり返りの主な原因はケージの側面に立ち上がる事だと思うので空腹でウロウロ徘徊する事を防ぐ事でそれなりに対応出来るのではないかと考えている。

ただ一泊とかになるとまた話が違うのでやはりひっくり返り予防ケージの有効性について少し実験してみないといけないなと思っている。
スポンサーサイト



プロフィール

タルテ

Author:タルテ
地中海リクガメとサッカー、そして山口をこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

タルタカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード