FC2ブログ

今日は野苺を。

一昨日がリクガメフードだったので昨日は絶食日に、さすがに今日は野草を与えねばと昨日畑から採って来た野草を与える。


野草サラダを用意していたらグイグイ来る太神、腹が減っていたのか。


今日はそろそろ旬が終わるシロバナタンポポの葉と葛を少々、そして御馳走なのが野苺(ヘビイチゴ)
です。


意外にもタンポポから食い付く太神、苺からいって欲しかったなぁ。(笑)


野苺も一瞬でした、甘くは無さそうですけどね。

午後は友人に誘われて買い物に付き合いぶらり海岸線を柳井に向かいます、目的地はヤナイ園芸。
ようやく着いたら定休日...。



何となく茶臼山古墳へ、今日は雲一つ無い青空。
それから周防大島を見ながらドライブし山の中の道を探索。



ギフチョウの保護区である多賀神社を見かけたので寄り道、その後は凄まじい林道を通り何とか帰宅。

しかし、店はどこも人が多かった。

スポンサーサイト



諦めたので

アメーバブログへの移転は諦めました。(笑)
やはり過去記事を移す作業は果てしないし慣れないからブログ書かなくなっちゃって。(^◇^;)

時は経つもの

ふとある行政系の不動産HPを見ていたらなかなか良い物件がお手頃価格と言うか割安価格で売りに出ている、興味を持って調べてみたら我が家の裏山にあたる山の奥らしい。

行政系の不動産斡旋は登録しないと場所を教えてくれないんだけど私はわりと最寄りバス停の情報から場所を割り出して航空写真で屋根の色と形から場所を特定するのが得意で何度と無く探し当ててきたんだが今回は意外な場所だった。

それと言うのも今ブログにも度々出てきたシロバナタンポポの群生地で今の時期やお正月に花を採集に行っていた場所だ、何度も通う内に不審な目で見られたんで思い切って「リクガメとウサギに野草採集してるんです、白いタンポポの花や葉は大好物なんです。」とそこの老夫婦に伝えたら「いつでも採りにおいで、除草剤やら使いよらんがハミ(マムシ)には気を付けさんよ。」と言ってくれた。

ある時はサンダル履きの私を見咎めて「ハミが出るから靴で来んにゃあいかんよ。」とおばあちゃん。

そう言えば一昨年位からシロバナタンポポの群生地が荒れ始めていた、草刈りがされない年があり収穫量が少ないから最近はあまり来ていなかった。

売りに出されていた家はその老夫婦の家だったのだ、すぐに確認に行く。
間違い無い、家の前に人が居たから訊ねたら近所の人らしくて一昨年におじいさんが昨年おばあちゃんが続けて無くなり無人になっていたそうだ。
息子さんは隣の市に住んでいて売りに出てるとは知らなかったと、今は畑は隣家の方が借りて手入れしているのだとか。

そうか、亡くなってしまわれたのか。
そんなに老いた感じでは無かったんだが意外だ、少し悲しい。
その集落は今や5軒になり若い方はいないそうだ、イノシシも出るし熊も柿の季節にたまに来たと言う話があると言っていた。

興味はあるが先立つものは無し、ただ少しの縁は感じずにいられない。
懐かしい、ついこないだ来たと思っていたが亡くなった時期を考えたら長い事来てなかったんだなぁ。

一日一日を大事に生きようと改めて思った。

冬眠健診

1の付く日がやって参りました、毎月1、11、21日に測定と健診をしています。
活動期でも10日に1度の体重測定はカメの体調を測り知る上で重要だと思っています、辻褄の合わない減量等あると焦ります。

冬眠中の健診内容は目、鼻、口、総排泄孔をチェック後に体重を測り終わります、1分掛かるかどうかで素早く終わらせます。
冬眠箱内と外気の温度差が少なくなる夜遅くに暗闇の中でカメを起こさぬ様にサッと出してサッと返します、久しぶりに触った太神は冷たくずっしり重かったです。

目や総排泄孔のチェックは照明を他所に向け間接照明の薄暗い中で観察します、光量で起こさない為です。

健診の結果、体重は2月1日よりも1g減少していました。
暖かい日が多く冬眠箱も2日程14℃を超えた事がありましたから温度落差があったにしては減ってないんじゃないでしょうか。

さて、2月後半の大安吉日にでも起こしますかね。
それとも3月5日の啓蟄まで暦通り待つか?
待てないな。(笑)

とりあえず2月11日と最短冬眠明け予定日である2月16日の健診と加温飼育施設の準備状況でまた考えたいと思います。

イタリアからの誘惑

1月も終わります、とにかく仕事頑張ったなぁとだけ思います。
正月休みは息子が受験で遠出を自粛、会津やら群馬やら北海道にまた行きたい欲が私を襲います。

ふとSNSを見るとイタリアのマウリツィオから連絡、題名は「今年最初の目覚め」で冬眠明けした個体達の画像が山ほど。
私的には「うそだろ? まだ1月だぞ!」って感じでしたがヨーロッパも暖冬なんでしょうね。

私が日頃ウォッチしてるのはサルディニアマルギナータリクガメの生息地オルビアとマウリツィオのファームがあるトスカーナ、そしてアテネの天気です。
昼は18℃まで上がり夜は9℃まで下がりますが大体どの都市もこんな感じ、確かにこの天気ならカメは活動するかも知れません。
とは言え湿度の違いもあるので一概に気温差が似ているからと同じ様に考える訳にもいきません。

結局、2月に起きようが3月に起きようが5月辺りまでの屋内加温又は無加温飼育は必要になるし屋外に出しても梅雨には状態を落とすからまた屋内飼育になるんですよね。

私としてはまた太神に野草を貢ぐ生活に戻りたいし成長を見たいので早く冬眠明けさせたいのですが我慢我慢です。(笑)

プロフィール

タルテ

Author:タルテ
地中海リクガメとサッカー、そして山口をこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

タルタカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード